感染症を防ぐ為のネズミ駆除

感染症を防ぐ為のネズミ駆除 比較的我々の身近な存在である害獣、ネズミ。知らないうちに家の中に入ってきてしまい、様々な害をもたらすことで人間を苦しめます。家財をかじられたり、食べ物を食い荒らされたりする他、ネズミは様々な病原菌を媒介する生き物としても有名です。
抵抗力の弱いお年寄りや、小さな子どもがいる家庭では感染症は特に心配です。入ってきてしまったネズミは駆除しなければなりません。
ネズミ駆除の方法としては、様々なアプローチの仕方があります。最もポピュラーな方法は、粘着シートタイプの罠を仕掛けることです。簡単に手に入れることができますし、敷くだけでネズミがその上を通れば高い確率で捕まえることができます。
毒の餌を仕掛けると言うてもあります。ネズミが好んで食べそうなものや、実際に被害にあった食べ物に混ぜたりするなどの工夫をすれば、より効果的です。
どちらの罠も、一気にネズミ駆除するために、最初にたくさんの量を仕掛けることが重要です。賢いネズミは、同じ罠にはかかりにくくなってしまうためです。
その他、ネズミにとっては不快な超音波を流すと言う方法もあります。人やペットの犬などには聞こえない波長ですが、ハムスターなどの小動物がいる家庭は注意が必要です。
あらゆる方法でネズミ駆除を実施し、感染症を防ぐという目的を果たしたいです。

ネズミ駆除でよくある感染症とは

ネズミ駆除でよくある感染症とは ネズミはかつては感染症を広げる恐ろしい動物でした。あのペストもネズミが原因で大流行したのです。
他にもネズミがもたらす感染症はたくさんあります。
また病気を運ぶ以外にも、ネズミを捕食するために野良猫が寄ってきたり、家の木材をかじってしまう危険性もあります。
その場合ネズミ駆除業者に依頼すれば良いのですが、自分でネズミ駆除を行う人も少なくありません。
現在は衛生環境もかなり良くなり、ネズミが何らかの病気をもたらす動物であるという認識は薄れてきたようで、特に保護しない状態で駆除する人もいます。ネズミ駆除をした時も、感染症の危険性は充分にあるので注意が必要です。
まず注意しなければならない病気は、鼠咬症。
文字通りネズミに噛まれた時に感染する病気です。鼠咬症スピリルムやモニリフォルミスに感染したネズミに噛まれると、数日から2週間後に発熱、頭痛や噛まれた箇所が腫れ上がるなどの症状が表れます。
次にサルモネラ菌。
ネズミのフンにはサルモネラ菌が付着している可能性があり、フンを介してサルモネラ菌が人の皮膚に付着し、口に入ってしまえば激しい嘔吐や下痢、発熱に襲われます。
他にもネズミに付着しているダニが持っている病気にかかってしまうことも。
もしネズミに噛まれたり、ネズミ駆除後に発熱などの症状が見られた時は、噛まれたと思われる箇所を消毒し、すぐに病院へ受診しましょう。

ネズミ駆除に役立つ情報リンク

ネズミによる被害を解決する駆除業者のサイト

ネズミ駆除 名古屋市